Asset management不動産で資産運用

投資商品として優れた不動産

世の中には株やFX、商品先物、定期預金など様々な投資商品があります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、
投資を行う上では相応のリスクを背負うことになります。
一般的に株式投資はハイリスク・ハイリターン。不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン。預貯金や国債はローリスク・ローリターンと言われています。

預貯金の場合

減らないけど増えない

例えば預貯金であれば、額面が減ることはありませんが、利息はわずかしかもらえず、もしインフレが進んでいった場合には、価値が目減りすることになってしまします。

株・FXの場合

値動きが激しく、不安定

株やFXであれば売却利益を狙って大きな利益が期待できますが、投資先企業の倒産や価値の大暴落という、大きなリスクを覚悟の上で投資する必要があります。リーマンショック以降、株やFXから不動産投資へと投資方法を変える方が増えてきました。株式投資は価値の値動きが激しく、利益が不安定だからです。

不動産の場合

インフレに強く安定している

不動産投資の場合は毎月家賃収入があって比較的安定した投資といえ、資産価値が大きく変動することはありません。

インフレリスクに強い不動産投資

これまでの日本はバブル期の後、長いデフレ期を経験してきました。
しかし今後は徐々にインフレになっていくことが予想されます。
景気回復によりインフレになった場合、物価が上昇する反面、現預金の価値は目減りしてしまいます。
実物資産である不動産は価値が市場の動きにスライドする性質があるので、インフレヘッジとしてリスクに強い資産といえます。また、不動産の家賃は物価の上昇・下降の影響を受けにくく、安定した収益をもたらす収入源となりえます。

インフレ時における貨幣価値基準と物価価値基準

COMTACT- お問い合わせ -

「相談したい」「サービスについて話を聞きたい」
という方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム
初期費用無料・シェアハウスmitai
負債が資産に変わる!働楽マイホーム
負債が資産に変わる!働楽マイホーム