Life insurance不動産で生命保険

ご存知ですか?団体信用生命保険

不動産をローンで購入すると、住宅ローンに団体信用生命保険が付いてきます。
この保険は住宅ローンの返済中に名義人が死亡、もしくは高度障害になった場合、本人に代わり、生命保険会社が住宅ローンの残金を全額支払ってくれるというものです。
万が一の際、ご家族にはローンが完済された無担保の不動産が残ります。
まとまったお金が必要の場合には売却することもできますし、賃貸運用することで安定した収入を遺族年金代わりとして確保することもできます。

団体信用生命保険と定期付就寝生命保険の比較

普通の死亡保険と比べても優れた保険

なお、団体信用生命保険の保険料は月々のローン返済額に含まれていますので、不動産投資を始められる際には、それまで毎月何万円も支払っていた生命保険を解約される方も多いようです。
生命保険での死亡保障保険は、保険契約期間が10年・20年、あるいは一生涯となる場合も多いですが、 そんな長期の間に、世の中がインフレになり、将来の物価が上がっていたとしても保険会社は、契約締結時に取り決めた保障額しか払いません。
不動産投資は物価や景気の変動に対応でき、なおかつ、安定した収入源・ご家族の将来の保障にもなります。

COMTACT- お問い合わせ -

「相談したい」「サービスについて話を聞きたい」
という方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム
初期費用無料・シェアハウスmitai
負債が資産に変わる!働楽マイホーム