Pension measures不動産で年金対策

今だからこそ必要な老後の私的年金

日本の年金制度は、現役世代の保険料負担で高齢者を支える賦課方式がとられています。
少子高齢化が進む中、受給開始年齢は60歳から65歳へ引き上げられ、年金保険料は増額、受給額の減少、受給年齢の引き上げへと進んでいます。
老後を安心して迎えるためにも、国や社会保障だけに頼らず、自らの資産運用で、私的年金を形成することが必要になってきます。
そこでおすすめしたいのが、不動産経営です。

老後の私的年金として

ご退職までに住宅ローンを完済する計画を立てることで、ローン完済後には、月々安定した家賃収入が個人年金になり公的年金の不足分を補います。
ご家庭で余暇を楽しむ余裕が生まれ、第二の人生を有意義にすることができます。
また売却していただいた場合には、一括での現金収入になり、老後の生活資金以外にも、ご自宅の住宅ローン繰り上げ返済などにも役に立ちます。

家賃収入で不足分を補い、ゆとりある老後の生活にする

COMTACT- お問い合わせ -

「相談したい」「サービスについて話を聞きたい」
という方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム
初期費用無料・シェアハウスmitai
負債が資産に変わる!働楽マイホーム