Tax avoidance不動産で節税対策

不動産投資で賢く節税

不動産経営を始めると所得が増える一方で、
ローン返済時の金利の一部や減価償却費、運営にかかる管理費等は、経費として認められることになり、家賃収入から差し引くことができます。
その結果、帳簿上で赤字になった場合、給与収入と合算して申請することで、所得税の還付や住民税の軽減が受けられます。

確定申告による損益通算

相続税で非常に有利な不動産

平成27年1月1日より相続税の基礎控除額が減額になり、課税対象者は以前の2倍にもなると言われています。
遺産を評価する場合、現金・預貯金や有価証券は原則額面通りとなりますが、不動産は購入額より低い評価額となります。
相続財産としての評価額は建物部分は固定資産評価額の約60%、土地部分は路線価の約80%になります。
さらに、これを賃貸用として運用する場合には、評価額は更に低くなり、現金と比較した場合40%~70%相当の額まで圧縮することができます。
万が一に備え、遺産の分割や圧縮においても、不動産は非常に効果的な資産といえます。

現金・有価証券を相続する場合に比べ、投資不動産物件を相続する場合は最大約40%減額

COMTACT- お問い合わせ -

「相談したい」「サービスについて話を聞きたい」
という方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム
初期費用無料・シェアハウスmitai
負債が資産に変わる!働楽マイホーム
負債が資産に変わる!働楽マイホーム